☆彷徨。。。音楽♪に身をまかせ 風に吹かれて☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こころを鎮めるために
2007年01月09日 (火) | 編集 |
荒んでるみたい...こころ。

めざましテレビの占いは当たらないって言うけど、
今日は最下位......(当たったかも
ふいに投げられた言葉などなどに憤り、痛む。
そして、とりまく状況にめげる。

モーツァルトのレクイエム
ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調の2楽章
モンポウの「内なる印象」(哀歌、悲しい鳥...)
バッハのプレリュード&フーガ・イ短調
ベートーヴェンの「月光」...
それから、それから、あとは何がいいかな...
音、調べ、、、
こころに浴びて、たくさん浴びて
鎮まれ、鎮まれと繰り返し聴く...
そして、言葉を連ねる、気持ちを整理するために。

期待しちゃいけない。
許し過ぎるのはいけない?
それでも、許すと決めたなら、嘆いてはいけない。
難しい。
だけど、できるだけ、単純に考えるようにする。
どうすればいいのか?ではなく、
どうしたいのかを考える。


スポンサーサイト
ほんのむだ話
2006年11月30日 (木) | 編集 |
オンリートーク 


元夫の奥さんとちょっと電話で喧嘩しちゃった。
やっぱ、あれは、喧嘩だったんだろ~な...
で、少し泣いた。

衝動的に屋上から飛び降りたわたしの”むき出しの感情”は、
何故か、地面で大きくバウンドし、3階のベランダまで戻ってきた。
今はそんな感じ...
戻ってきたベランダから見上げた夜空に、白く光る星が見えた。
いつもより早く流れてゆく雲も見えた。
風は落ち葉を舞い上がらせるほど強く吹いてるけど、
それがかえって潔くて気持ちいいって思った。


読み掛けの本...
開いた時に飛び込んでくる文字...
「うん、どっかから降ってきたような青だよ」
意味があるよなないよな言葉。

考え過ぎることも、考え過ぎないことも良くない。
見返りを求めず、ただ愛する気持ちが、”慈愛”

冷たい雨が降る夜
2006年11月14日 (火) | 編集 |
養護施設の児童生徒が集団家出?のニュース。
まだ安否がわからない様子とのこと...
気になる。
8歳の子供もいるとか...
養護施設は親になんらかの不都合や問題があることから、
預けられている子供たちの施設。
妹は教職浪人時代、養護施設に臨時職員として勤務していた。
その頃、健気だけど、常に愛に飢えた子供たちの様子を聞かされ、
聞くたびに、いつも心が痛かった。
子供たちの痛み...
何故? 大人の責任...
運命というにはあまりに過酷過ぎる現状。

いじめ問題、自殺、虐待、と本当にツライ話が毎日のように
報道されている。
そして、今日も...
なにがあったか、よくわからないけれど、とにかく無事でいて欲しい。

大人もツライことが多い世の中だけどさ、、、
やっぱ、子どもは、あきらかに大人よりも弱い。
子どもをできる限り守ろうよ...
そういう視線を送ろうよ...

静かに壊れないように
2006年10月14日 (土) | 編集 |
時が流れ、時が流れ......
淡い淡い秋の空
儚く蒼い秋の空
あなたは何を想ってる?

朝方から何度も目を覚ました。
午前3時半、4時半、、、まだ5時なのか、、、
うつらうつらしながら、何度も目を覚ました。
時々、短い夢を見た。
そして、朝がきた。

いろんなことがコワイ。
寂しいのか、哀しいのか?
また、本気で笑える日がくるだろうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。