☆彷徨。。。音楽♪に身をまかせ 風に吹かれて☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オカリナ と 離れ梅
2007年01月31日 (水) | 編集 |
ふくろうオカリナ

なに聴こうかな~とCDラックを眺め、すっごく久々に
オカリナの宗次郎さんのCDをプレーヤーへ~♪
オカリナ聴くと、山に行きたくなるな~
渓流沿いの遊歩道とか歩きたくなる。
父が大好きなんだよね。そういうところ。
子どもの頃はよくそういうとこに行ったものです。
今でも夏に帰省すると、渓流散歩に行くけれど。
そういうときの父の顔はとっても幸せそう...。
山野草も大好きな父。
山や川の自然が大好きなんだよね~、父は。
その父、音楽には疎いけど、こういう宗次郎さんの
オカリナサウンドや姫神の星さんのサウンドがお気に入り。
姫神の星さんとは、多少、交流があったから、
数年前に亡くなったときはホントに悔やんでいたな~
そういえば、マイ・オカリナともすっかりご無沙汰~
今日は少し愛でてみようかしらん☆

昨夜(今朝というか)はヘンな夢見て、朝5時に目が覚めちゃった。
梅の木の両端だけに花が咲いているのを眺めている夢。
誰かが、「あ~、これは”離れ梅”というのですよ~」
なんて、言ってた。
”離れ梅”なんていう言葉があるんだ...と、夢の中で考えてた私。
なんだったんだろ~?(笑)
”離れ梅”って言葉、ホントにあるのかな~?
オカリナと”離れ梅”、、、
う~ん、、、
今日は、とにかくそんな朝。

スポンサーサイト
菜の花に ココロ惹かれた日
2007年01月30日 (火) | 編集 |
菜の花

花屋さんの店先で菜の花を見つけた~
パッと目を引く黄色い小花
今日はホント、ぽかぽか陽気♪

またまたテンプレートを変えました。
移り気というかなんと言うか......?
移り気なんでしょね、やっぱり (笑)
気まぐれで移り気で......情緒不安定らしい...
どうかフラットでいてくれ!と言われる今日この頃。
元気過ぎなくてもよい、だけど沈みすぎないでくれ...ということ。
元気なアトの反動がコワイらしいし。
フラットね~ いつも平らかで安定した気分で...ね~
「はいっ!」
(返事は すこぶるイイらしい...笑)

それにしても、、、
まだ雪らしい雪も、積雪もない日々ではありますが、
”つくし”も出たとこあるらしいし、春の花々が待ち遠しいな~♪ 

明日は星空が見えるそうで
2007年01月29日 (月) | 編集 |

先日のコンサートの余韻覚めやらず...
今、聴いているのはオープニングのルーマニア民族舞曲(バルトーク)
ギターでもなく、ヴィオリンでもなく、ピアノですが...♪
そう言えば、アンコールの2曲目はなんだっけ?
調べなければ~! あの曲も好きだな~

今日は晴れてるのに雨が降ったり...という妙なお天気。
まるで春先のよう。
どうなってんでしょうね~
いまだ積雪ゼロ。
過ごしやすいのは良いことですが、本当に危惧します。
地球温暖化がもたらす今後の悪影響...
もはや、手遅れという説もあるらしく...

昨夜はジョニー・デップの『リバティーン』観た(かな?)
観てたけど、途中、寝てたってのがホントのとこ。
難解だったから? 疲れてたから?(苦笑)
一緒に観てた方は、良い映画だったと言っていた。
だけど、ウケナイだろ~な、、、とも言っていた。
私はオープニングとラストだけは良かったかな~?
ジョニー・デップが脚本を3行読んで、出演を決めたというから
借りてきたけれど、私には、よくわかんなかった...
もっと調子の良い日に観れば、もう少し味わえたかな~

明日はまたまた小春日和みたい。
気温もグ~ンと上がるそうで...
星空も見えるそうで......とっても楽しみ!!
冬の大三角形、見るぞっと~☆


鈴木大介さんのギター♪
2007年01月27日 (土) | 編集 |
<心が求めていたから聴こえた音>
「 運転中、FMラジオからの音にハッとすることがある。
 それは素敵な偶然!(否、心が求める必然なのかも?とも思うけど)
 今日もそうだった。
 ギターの調べで、ラヴェルの『亡き王女のためのパヴァーヌ』、
 えっ!これ、誰のギター!!
 こんな音聴いたことない!
 そして続いてドビュッシー・『月の光』もギターで♪
 こんな優しくて儚いギターの音は初めて!!と、心が震えた...
 えっ!誰???とボリュームを大きく上げてDJの解説を待った。
 鈴木大介さん...
 この人がそうなんだ...
 これは凄い☆ 」

上記のつたない綴りは、昨年の9月17日の日記より。
この日が鈴木大介さんとの出逢い...
この日から、ほぼ4ヶ月目の昨日、本物の鈴木大介さんに出逢えた。
この幸福... 音楽がもたらしてくれる幸福...☆
いろんなことに ありがとう。

2007.1.26

奇蹟のように 夢のように
2007年01月26日 (金) | 編集 |
夢の時間

「あきらめるのは早いかも」という友人の言葉に発奮!
早速、劇場に電話、そして、「キャンセル1枚あります」のお言葉!!
ロスタイムに奇蹟は起こり、夢のような時間が訪れた......☆
能楽堂での鈴木大介さんとヴァイオリンのデュオプリマさんの
コンサート、行ってまいりました♪
どんな言葉も足りないほど、または美しい!の一言に尽きる!
とにかく、身も心も、ふるえるほどの感動!
好演後には、サイン会でサイン&握手&少しのおしゃべり!
そして、そして、
なんと記念写真までスタッフの方に撮って頂きました~!
こんなことって!こんなことって!!
あ~、まだ、興奮、、、いえ、余韻に浸ってます。
とにかく素敵でした...
アンコールでは、先に舞台上で演奏する鈴木さんのギターの音に、
誘われるかのように、舞台脇の橋掛りから美しきお二人が
憂いある表情でヴィオリンを弾きながらの登場~!
もう感激!驚き!の演出に心どころかホントに身体がふるえてた!
なんてったって、橋掛りのすぐ隣に座ってたし。
思わず、涙がつたってきちゃって、自分でもびっくり!(照笑)
能楽堂という素晴らしい空間でのこのひととき、至福でした...
3人のトークも絶妙! 
鈴木さんって、おもしろいっ!ジプシー気質大好きです!
フワリサラリと軽妙で、キザでなく洒落た感じが、
包まれるように優しいんだけど、渇いてるって感じで、
とっても、とっても素敵でした~♪

あ~、夢よ、いつまでも...
こういう日があるから、生きていける (なんてネ~、でもホント☆)




恋はみずいろ
2007年01月25日 (木) | 編集 |
ちゅーりっぷが好きです

『恋はみずいろ』

 青い空が お日さまにとける
 白い波が 青い海にとける
 青い空は 私の恋の色
 青い海  あなたの愛の色
 恋は水色 空と海の色
 
 青い空が お日さまにとける
 白い波が 青い海にとける
 青い空と水色の空が
 愛し合って ひとつに結ばれる
 恋は水色 空と海の色
 恋は水色 空と海の色

Charaの歌う 『 恋はみずいろ 』 ...今夜のおやすみの曲。
訳詩は蓮健児さんという人らしいですが、好きな感じです。
なんだか、凪の海の上に ゆらゆらと浮かんでる気分です。
凪の海...
今夜はそんな夢を見たいです。
そういえば、女の子をもしも産んだら「凪(なぎ)」と
呼んでみたい気がしてたことありました...
歌詞を目で追いながら、ちょっと口ずさんでみたりしてます。

明日はもう少し、元気でいたい。


 
天秤はやはり あった!
2007年01月24日 (水) | 編集 |
天秤inパルム

いつもの喫茶店の窓辺に天秤はありました~(画像、見難いね)
あの時、この天秤、わたしも買えばよかった...
で、、、
今日も夜更かしの朝。
なのに、なのに、コーヒー切らしてしまってた!!(不覚の骨頂!) 
で、甘めのココア、そして音楽はクララ・ハスキルのピアノ。
モーツァルトPコン23番♪と9番のジュノム♪
また、昨夜は3時まで本を読んでてしまった。
野沢尚さんの『魔笛』
彼の死......本当に、本当に、本当に、残念でなりません。
『砦なき者』を読んですぐの頃、彼の自殺の報を聞いたので、
かなりショックでした... 
もう新作が読めないなんて...と。ドラマも観られないなんて...と。
『砦なき者』はドラマ化されましたが、ドラマも好いものでしたし。
そうだ!『眠れる森』とこの『砦なき者』レンタルしてこよっかな~
砦なきもの

で、
やはりココアでは目が覚めません...全然です!
でも、会社 行かなきゃ... 今日は特に行きたくない...!!
ヤダヤダ...と、駄々をこねたくなる朝です(苦笑)




夜更かし三昧
2007年01月23日 (火) | 編集 |

ここんとこ、昼から出社続きのせいもあり、夜更かし三昧...
寝る前に本を開き、ついつい深夜まで~お肌には良くないワ...(苦笑)

ここんとこ読んだ本をまとめてメモしとこ~!(”リリークラウス本”以外で)
『見えないドアと鶴の空』☆1
『もしも、私があなただったら』2
樋口有介『初恋よ さよならのキスをしよう』(樋口有介/著)

      
上、2冊は白石一文さん。
白石さん、直木賞、逃してしまいました...残念! 
彼の作品は、一昨年くらいから好きになり、読んでますが、
今回の「もしも、私が......」は、イマイチだったかな~
直木賞候補作『どれくらいの愛情』は まだ読んでませんが、
評判も良いようで、期待してます。楽しみです♪
そして、樋口さんは、さすがです! 上手いです!
文章が大好き、風景、状況描写に独特のリズムがあり、大好き!
そして、主人公のキャラはひたすら、わたし好みです☆
先日、読了した『枯葉色グッドバイ』ほどのインパクトは、
なかったけれど、かなりイイ味です。
樋口さんの作品は、どれも、ほろ苦くって優しくていいんだよね~♪
ちょっと世を拗ねた男の哀感とユーモアにもグッときます。
そういうの大好き!主人公はもちろんのこと、脇の女性にも、
凛とした独特の哲学がある! 美学がある!
目の前に悠然と広がる情景、街や風の”色”が見えてくるし、
音も聞こえてくるようで...それがスゴ~クいいんです...☆★


朝から、涙の日
2007年01月23日 (火) | 編集 |

すでに、昨日の朝のことになってしまったけれど、
昨日は、朝から泣けた。なんだか、涙、涙の朝だった。
前の晩、午前3時頃まで本を読んでて、寝不足だったにも関わらず、
ぼぉ~っとするどころか、心はピキピキ反応しまくり......
まぁ、読んでた本が苦く切なかったせいもあるかもしれないけどネ。

まずは、風見しんごさんのお嬢さんの葬儀の様子を見て、もらい泣き。
そのあと、”☆泣ける映画と本のblog☆”という素敵なサイトに出逢い、
ひとしきり、涙、涙...
風見さんのことのすぐあとだっただけに、『タイのCM』 という記事は、
ホントに切なくて痛かったナ...
そして、次になにげに見た『カンニングの竹山さんの大晦日のネタ』、、、
これもほんとマイッタ...

こちらのサイト、大好きな映画『ある日どこかで』のことを検索してて
偶然に出逢えたサイトだったのですが、出逢えたことに感謝!です。
ありがとうございます☆

~私のブログにお立ち寄りの方へ~
ちょっと心が渇いているとき、疲れているとき...
”☆泣ける映画と本のblog☆”、オススメです!
サイト管理者さま、リンクさせて頂きました。
ありがとうございます!

KOKIA ”ありがとう”
2007年01月22日 (月) | 編集 |

先日、テレビ(カワズ君の検索生活)で耳にして以来、気になってた曲♪ 
KOKIAの 『ありがとう』(←クリック:youtubeで聴けます)
KOKIA

~誰もが気付かぬうちに何かを失っている
 フッと気付けばあなたはいない 思い出だけを残して
 もしも もう一度あなたに会えるなら
 たった一言伝えたい ありがとう ありがとう
 時には傷つけあっても あなたを感じていたい
 思い出はせめてもの慰め いつまでもあなたはここにいる~

”泣ける話”と共に流れるこの曲、歌声の儚さが心に沁みます。

ジャズライブ
2007年01月21日 (日) | 編集 |

昨夜はもう9回目になるという”新潟ジャズストリート”へ~♪
市内のあちこちの店で地元ミュージシャンによるライブを展開。
1000円の共通チケットで、いろんなお店を回れるシステム。
私はというと、昨日は諸事情により、一会場のみに参加。
行きつけの喫茶店での、憧れのおねーさまのライブへ♪
時折、カウンター内で恒例の?皿洗いなどお手伝いしながらの
参加は、いつもながらスゴク楽しかった~!

彼女のライブはいつもながら満員御礼!立ち見はもちろんのこと、
中に入れなかった人もいたみたい...。 いや~スゴイです!
彼女のライブは久々でしたが、可愛らしさと艶っぽさに
磨きがかかり、迫力でてましたね~。
そして、昨日ハッとしたのは、間奏のときの、ちょっと目を伏せた
横顔が憂いを帯びて美しかったこと!☆
思わず、何度もうっとり見惚れてしまいました。
やっぱ、憧れるなぁ~ 大人の女だな~、可愛さも兼ね備えてるし!

ライブ後、これまた諸事情により、まっすぐ帰宅...
チトさびし...。
ホントはさ...、ああいう夜はさ...  
まっ、いっか...
でも、もうひとつ寂しかったのは、12時くらいになってから、
NHK・FMで「ジャズ・ミーツ・モーツァルト」という特集で
放送があることに気付き、慌てて、スイッチオンしたものの、
すでに最後の一曲だったこと...。
あ~あ... です。

逢いたい人には逢いに行け
2007年01月20日 (土) | 編集 |

「逢いたい人には逢いに行け!」
これは、学生時代に母校の中学に教育実習に行った際、
指導してくれた定年間近の教諭から掛けられた言葉。
もちろん、逢いたいと思う人の都合ってものもあるのだから、
そうは状況が許さないこともあるだろうけど、
その先生が言いたかったのは、「逢いたいな~」なんて、
遠い目をして窓の外を眺めているうちに、逢いたい人に
ついぞ逢えなくなってしまうこともあるってことと、
機を逃すな!ということだったのかもしれないな...
そんなことを、リリー・クラウスのPコン12番の1楽章を
聴きながら思い出した。
この12番の1楽章の途中、毎回、胸が締め付けられるように
切なくなるフレーズがある。
その感覚は、逢いたい人に逢いたくなる感覚...?
逢いたい人に逢うために一生懸命、走っている感覚
馬車で木立の中を疾走して(もちろん馬車はないけど...笑)、
逢いたい人の待つ湖のほとりへドキドキしながら向かってる~
~なんてネ☆ あはは...(笑)、空想癖が止まらない~
で、そのメロディに浸りたくて、さっきから何度も、何度も
第1楽章を繰り返している、わたし。
もちろん、この曲自体も大好き!
そして、リリー・クラウスのピアノの音はまばゆいほどに可憐で、
まるで、朝露に陽光が射した時のように、きらきら煌いてる~☆

無粋ね...
2007年01月19日 (金) | 編集 |
昨夜のドラマ『拝啓、父上様』で印象に残った言葉。
夢子さんが死へと旅立つ夫の胸に毘沙門天のお守りを託したいと、
一平へ病院へと急がせるが、事情を推し量れない一平は、
頑なに断ろうとする。そんな一平に夢子さんが「無粋ね」の一言。
” 無粋ね... ”
この場合、人の気持ちを推し量ることができず、気の利かないこと、
野暮なこと、意味にすればそんな感じ。
もちろん、”粋(いき)であること”の反対の意味。
「粋」という言葉は、元来、江戸の町人文化から生まれた言葉とは
聞いていたけど、いい言葉だな~とつくづく思う。
”粋であること”は、やせ我慢してでも、かっこよく在ること、
人情に通じることなどの意味もあるそうで、言ってみれば、
生きるうえでのひとつの美意識。
美意識を持って生きることは、自分の気持ちをぐっと抑えて、
やせ我慢することも多いわけで、なかなかツライ。
でも、そこには愛する人のためという深い想いがあったり、
大切なことを守りたいという強い意志があったり......
そういう姿は尊くて、美しいなぁと思う。

さてさて、ドラマでは、最初は無粋と言われた一平だったけど、
お使いを終えて夢子さんの元へ戻ったとき、病院で婦長がお守りを
渡すことを嫌がったことを正直に話してしまうのはとても酷だと、
彼女を気遣い、真実を言わなかった。
それどころか、ちゃんと、やせ我慢もしてお駄賃も受け取らず、
ずいぶんと”粋”に振舞っていた。かっこよかった!
美学だよね~。花街で生まれ、さまざまな人々の生き方を
目の当たりにしてきた一平に自然と身に付いたもの。
理不尽なことは多いけど、無粋なことはしたくないという美意識、
辛いなぁ......切ないなぁ......
だけど、だけど、、、、それも愛なんだよね...きっと。

信じられないような愛憎絡みの惨事の多い昨今、、、
無粋なことはやめようよ...

”その時、戦場が泣いた”
2007年01月18日 (木) | 編集 |
リリー

『 リリー、モーツァルトを弾いてください 』
~大戦下、南洋ジャワで日本軍に抑留された天才ピアニストと、
  彼女の音楽に心を動かされた日本人たち。
  敵同士のはずの彼らの出会いが、
  戦場に新たな音楽を生んだ~
                (書籍・帯文から抜粋)
泣きました...
音楽こそが、芸術こそが、平和、安らぎ、そして生きる力、”希望”を
もたらすもの、心からそう思えます。
映画 「戦場のピアニスト」を観たときも それは実感しましたが、
この本では、日本軍が絡むだけに、切なくも心に響きました...

そして今、彼女のモーツァルトをさっきから、ずっと聴いてます♪
こうして、存分に聴けるという歓び...
これがどんなにありがたく、大切なことか......

P

☆この本を紹介してくれた咲さんに感謝します☆

リリー・クラウス<出逢い>
2007年01月17日 (水) | 編集 |
ミニヨン

リリー・クラウスとの出逢いは、恥ずかしながら去年のこと。
この荻窪にある名曲喫茶「ミニヨン」にて。
初めて聴いたリリーの曲は、やはりモーツァルト。
2曲しかない短調のピアノ協奏曲のうちの1曲(20番だったはず?)
天から降りてくるような煌めくピアノの音に興奮した...
なんて純粋な音...! 
名前も素敵 ”リリー・クラウス” まさに、ひとめ惚れ☆!
そして、つい一昨日のこと、彼女にまつわる一冊の本に出逢えた。
昨夜、読み終え、いまだ、その余韻に浸っている...

その素晴らしき一冊、
『 リリー、モーツァルトを弾いてください 』 については次回に......!


”ぬけがらのシャツ”
2007年01月14日 (日) | 編集 |
古いカセットテープを見つけた。
ブレッド&バターの「ぬけがらのシャツ」が流れてきた。
その昔、年上の友達(だったと思う?)から紹介されて知ったブレバタ♪
「あの頃のまま」や「センチメンタルフレンド」 そして、
「ぬけがらのシャツ」...... 好きだったな~、この3曲!
ちょっと背伸びして?、あの頃、よく聴いてた。
今日、久々聴いたら、なんかわかっちゃって、わかっちゃって。
もう背伸びして聴く音楽じゃなくなってた...よ (苦笑)
でもこの歌詞、メロディ、歌声、痛いくらい切ないナ...
そう思うのは今も同じ、あの頃のまま。

「水色の空 君はまぶた押さえ もう話すことさえない夜明け
 時に いちばん残酷な言葉は 沈黙の中で語られる...」
「大人になるチャンスは ああ 死ぬまであと幾つ来るだろう...」
「買い置きのシャツなら パジャマにしておくれ...
 君を愛してた ぼくのぬけがらさ...」
               (「ぬけがらのシャツ」より)
(↑こうして綴ると、ちょっと恥ずかしいね、けど名曲 )

あ、そういえば、大貫妙子さんの「新しいシャツ」も別れのうた。
あの曲もとっても、とっても、とっても好き!
別れにシャツは付き物なのね~
もちろん、シャツの色は”白”よね...笑。
この曲も、もう背伸びしなくていいみたい?......

でも、強がることを覚えるのって、切ない...
大人になるって、、、

てこてこ歩く
2007年01月13日 (土) | 編集 |
久し振りに朝から万代橋の上をてこてこ歩いた。
この橋の欄干は低いので、あんまり端っこを歩くと強い風に
飛ばされてしまいそうで怖いのだけど、川の流れは見ていたい。
今日の空は この季節にありがちな鉛色だったし、
雨降りが続いてたから川面の色も濁った緑色。
けっして気持ちの良い風景ではないのだろうけど、
この橋の上を歩くのはいつでも気持ちいいね。
ひとりで、てこてこ...
なんで私はこの街に住んでいるんだろう~?なんて考えながら
てこてこ、てこてこ...
いつまでこの街にいるんだろう?とか考えながら、
てこてこ、てこてこ...
縁あって、この街に来て、この橋の上を
てこてこ、てこてこ...
生まれた街を何百キロも離れて
てこてこ、てこてこ...
大きな橋の上を
てこてこ、てこてこ...
白いコートで
てこてこ、てこてこ...
風に吹かれて
てこてこ、てこてこ...

エド・ハリス
2007年01月12日 (金) | 編集 |
『奇蹟の詩 サード・ミラクル』

今日はせっかくの休日だったにもかかわらず、朝から体調イマイチ
やっと今頃になって回復してきたけれど...
今頃じゃあねェ~(もったいなかったナ...
”ベトベン”観に行こうなんて思っていたけれど外出するほどの
気力もなく、あえなく、おウチで静養&ぼ~っと漂い生活。
で、昨日借りてきた、『奇蹟の詩 サード・ミラクル』を鑑賞。
先日、私のブログにコメントを下さった”キセツ・フウさん”
ブログで紹介されていた記事を読み、観たくてたまらなかった映画。
とても良かったです☆!
エド・ハリス! やっぱり素敵ですね~。
ああいう知的で、クールガイ、そしていい意味で偏執的な男の役が
ホントによく似合う。
そして相手役の女優・アン・ヘッシュもコケティッシュで魅力的!
真実、奇蹟、祈り、、難しいながらも共に好きなテーマだったし、
静かなトーンが、とてもイイ感じで、心に沁みる映画でした。
さて、現在公開中の『敬愛なるベートーヴェン』も エド・ハリス主演。
いつ行こうかな~、行けるかな~?
早く、予定を調整しようっと!

下町の小路、坂道......昭和の香り
2007年01月11日 (木) | 編集 |
『拝啓、父上様』
期待以上でした~☆
カメラワークが素敵!
街の匂いや、人の息遣いが伝わってくるようでした...
二宮くんのナレーションも淡々としつつも、憂いがあってとってもいいし!
猫ちゃんたちが ちらちら出てくるあたり、下町情緒もたっぷりで、
心がほっとする感じ~
昭和の香り?がそこかしこにあって、まるで昔のドラマみたい。
(とはいえ、「前略、おふくろ様」とか、知らないのですが...笑)
本日はプロローグということで、さまざまに思わせぶりな展開の鍵が
見え隠れしてましたが、なかなか、面白そう~。
今後がとっても楽しみです。
それにしても、二宮くんの拗ねたような憂い顔は魅力的。
『優しい時間』の時も陶芸家の役だったけど、今回は板前さん。
ああいうナイーブな訳アリ系の青年、かつ、純朴な職人系の役は、
かなりのハマリ役のような気がします。

ドラマとは関係ないけど、階段のある狭い坂道、散歩したいなぁ~♪
それと、を拾ってたああいうカゴ、以前、欲しくて欲しくて、
中野の雑貨屋さんで3個も衝動買いしたことあります~(笑)
大・中・小で...。もちろん、今も大事にしてますよん。


ケルティック
2007年01月10日 (水) | 編集 |
ケルティック・チルアウト

昨夜はさんざんクラシックの好きな曲を聴いたあと、
最後にはケルト音楽で眠りの世界へ~
映画音楽やミュージカル、ヒーリングブームで人気のケルト音楽。
ノスタルジック、哀愁、神秘、幽玄、生命力、そして温もり...
すべてを兼ね備えているのが ケルト音楽だと感じている。
ケルト民族の歩みに興味を感じ、スコットランド、アイルランドという国の風景、
その精神性、そして、フィドルやハープ、ホイッスル、パイプ等の
ケルト民族楽器の奏でる独特の音色、メロディが大好きになり、
一時はすっかりハマってた。
蒼い空、夜明けの森、湖、朝の霧に会いたくなるし、
清らかなやさしさに痛みを慰さめられ、そのうえ
たくましさ、生命力に溢れた音色に、力を与えられる。
苦しい民族の歴史的背景があるからか、音楽により慰めあい、
歓びを分かち合ってきた民族の魂がケルト音楽にはあるのかも。

哀愁のピアニスト

フィル・コウルターの曲、「スウィリー湖」
昨夜はこの曲が沁みた...
この曲は彼の兄弟2人が溺死した湖のこと、その思い出を
兄弟に捧げるために書かれたらしい。
彼のピアノの音は、やさしくて泣ける。
そしてシニード・オコナーの歌声は胸に抱かれているような安らぎ。
やっぱり泣ける。

あ...メル・ギブソンの「ブレーブハート」がまた観たくなった。
ケルト色、たっぷりの映画。そして凛々しい愛の映画。
それにしても、上の2枚のCDジャケットの「蒼」いろ、大好き☆

こころを鎮めるために
2007年01月09日 (火) | 編集 |
荒んでるみたい...こころ。

めざましテレビの占いは当たらないって言うけど、
今日は最下位......(当たったかも
ふいに投げられた言葉などなどに憤り、痛む。
そして、とりまく状況にめげる。

モーツァルトのレクイエム
ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調の2楽章
モンポウの「内なる印象」(哀歌、悲しい鳥...)
バッハのプレリュード&フーガ・イ短調
ベートーヴェンの「月光」...
それから、それから、あとは何がいいかな...
音、調べ、、、
こころに浴びて、たくさん浴びて
鎮まれ、鎮まれと繰り返し聴く...
そして、言葉を連ねる、気持ちを整理するために。

期待しちゃいけない。
許し過ぎるのはいけない?
それでも、許すと決めたなら、嘆いてはいけない。
難しい。
だけど、できるだけ、単純に考えるようにする。
どうすればいいのか?ではなく、
どうしたいのかを考える。


オリオン座が見えた夜
2007年01月08日 (月) | 編集 |
風は強かったけれど、今日も積雪はなし。
良かった~ 
時折、あられのような雪が強くぱらついたり、
羽みたいな雪のかけらがふわふわ舞ったりしていたものの、
夜には、雲間からオリオン座がキレイに見えてた。
冬の夜空は星が綺麗なんだけど、日本海側の冬は
晴れることが稀少な為、スッキリとした星空はなかなか仰げない...
だから、今夜みたいに、ふと見上げた空に星や月が凛とした姿で
キラキラしていたら、それだけで嬉しいし、ラッキ~☆

今夜の睡眠導入・BGMは、久々のジョアン・ジルベルト♪
『エッセンシャルズ』
冬の星座の話とは何の関わりもないけれどネ~(笑)
CDラックをぼぉっと眺めて、気まぐれチョイス!
ライブ演奏が多いし、おなじみの曲ばかりでいい感じ。
”空っぽ”になるのに丁度良い音のウェイヴ~♪
昼間は高校サッカーではしゃいだりしてたから、
ちょっと”熱さまし”、ボサノバのリズムで~


ノーサイド
2007年01月07日 (日) | 編集 |
この季節になると絶対、聴きたくなるアルバム♪
ユーミンの『 NO SIDE 』

Sがいつか花園に行けますように!

ユーミンの曲には好き嫌いがあるけれど、このアルバムに関しては
冬の思い出?恋の思い出?と共に 捨て曲ナシの必須アイテムかな~
青春が鮮やかに蘇るぅ~(なんてネ)
ナイターのゲレンデで「ブリザード」なんかが流れると、
もう嬉しくて、嬉しくて~♪ いつまでもこうして滑っていたい!
......なんて はしゃいでたあの頃~☆

中でもいちばん好きな曲は「ノーサイド」♪
折りしも今日は高校ラグビーの決勝戦。
東海大仰星が、初優勝を狙った東福岡を19-5で退け、
7大会ぶり2度目の優勝を果たした...とのこと。
(仕事の為、まだ観てない! 彼が帰宅したら録画観ます!)
勝者にも、敗者にも、彼らの耳に響いたであろう
”ノーサイド”のホイッスル...
想像しただけで、なんだか胸が熱くなる...

「~ 肩を落として 土をはらった
   ゆるやかな 冬の日の黄昏に 
   彼はもう二度と かぐことのない風 深く吸った~ 」
                      (ノーサイドより)

今は監督として花園への夢を、選手と共に
追いかけているであろう大切な友人S氏...
”いつの日か 夢が叶うように祈ってます☆”
花園に行けたら、応援に行くよ!夢が叶う舞台に立ち会いたい。
あなたがラグビーのこと語るときのキラキラした瞳、大好きでした。
どうか、あなただけは、あの頃のままでいてくれますよ~に!

ほんじつ私はふられました~♪
2007年01月06日 (土) | 編集 |
熊木杏里

『 新しい私になって 』(熊木杏里)
初めて聴いたのは、資生堂のCMでかな~?
最近、『 ぼくはくま 』と共によく口ずさんじゃう唄が
この『新しい私になって』
この曲聴くと、高校3年の時、それも卒業間際に
手痛くふられたことを思い出すワン...
鮮やかにふられたもんね...、あの時は。
あの日は泣いた~ ホント泣いた!
ふられて泣いたのは、今でもあの時がいちばんだったと思う。

「~朝の訪れ気づかないほど 
  泣いて泣いて泣き明かしたら きっと
  忘れます 忘れます 新しい私になって
  忘れます 忘れます 思い出として仕舞います~」

まさに気分はこの歌詞のようだったかも。
たくさん泣いたあとは、新しい私になろうって思えた~
まぁ、一晩で立ち直りはしなかったけどネ(笑)

熊木杏里さんの声、魅力的~♪
この声の透明感は、春の訪れの前の雪解け水のよう。
再生とか、前向きを表現する唄にピッタリ!

あ...
しっかし、今日の天気は冬の嵐のごとく...
そして、仕事や... 現実はキビシイ~(笑)
まっ、ぼちぼち 頑張りますか!

イーハトーブな冬景色
2007年01月05日 (金) | 編集 |
黒井健さんの素敵な色

この写真はウチにある宮沢賢治と黒井健の詩画集の中の一頁。
イーハトーブらしい素敵な絵です。懐かしいな~♪
黒井健さんが新潟出身だと気付いたのは、新潟に移り住んでから。
『ごんぎつね』や『手ぶくろを買いに』(新美 南吉)などの
挿絵でも有名な方~☆(どちらも大好きな絵本です)
「詩画集」はいいですね~
(オススメの詩画集 ある方 教えてください!!)
谷川俊太郎さんの『クレーの絵本』『クレーの天使』等もイイです☆

さてさて、今日から仕事始め!
はぁ~ぁ......(ため息まじり)
小春日和のとっても清々しい空が広がってるのにねェ~(笑)
コーヒーもおいしく淹れられたのにねェ~
ポットに詰めて、海でも眺めながら、飲めたらいい日なのに~
(いちごのショートケーキ付きで...笑)

まっ!
いい曲♪流しながら、せめてドライブ気分で出社するとしますかっ!

「” 希望 ”は売り切れですか・・・」
2007年01月04日 (木) | 編集 |
『ストロベリーショートケイクス』
惹きつけられっぱなしで観ていた。
けど、大きな感情のうねりは自分の中には起こってないと思ってた。
でも、映像が終わった瞬間、まさかの涙...
驚いた。
突然にこみ上げてきた想いを止められなくなった感じ。
ホントに何故、泣けちゃったんだろう...
じわじわと、今も余韻がきてる。
いい意味で、あんまりあれこれと語りたくない映画。

中村優子さん? 秋代役の女優さん、かなり良かった。
ベタが泳ぐ水槽...
ベタ、また飼おうかな...
彼女らの部屋の小物、それぞれのキャラに合わせ、
かなり工夫されたセンスでGOOD~☆
音楽もかなり合ってる、浮遊する日常の色が見える感じ。

あ...
かなり感覚的で情緒的な綴り文章になってるのは、
まだ整理しきれてないからと、ちょっとリアル過ぎだったからかな~
痛さっていうか...、触れて欲しくない部分っていうか...

無神経な”あれこれ”はホント容赦ないな~
傷付くんだよね、そういうの。
だけど、、、

最後はちゃんと救われます。
じわじわ浸れる映画です☆

☆「” 希望 ”は売り切れですか・・・」は
  タバコの自販機前で「HOPE」が売り切れたのを見ての
  里子役の池脇千鶴さんのセリフ。
  印象的でした。

中塚武&沖仁
2007年01月03日 (水) | 編集 |
今夜は新年初の満月ですよん!
さっきは雲に隠れてちらりしか見えなかったけど、
今はどうかな~?

さて! 
昨日から、気になってる2人...☆ 

まずは、中塚武さん~♪注目! 1
注目 2
 ↑アルバムジャケットも好きな感じだし♪

そして、先日『 トップランナー 』に出演の 沖仁さん~♪
           注目 3


衝動買いしてしまいそう...
今日のところは思い留まったけど...
私もお年玉欲しい!今日この頃~(笑)


あんこ LOVE
2007年01月03日 (水) | 編集 |
いとしの餡子

人生初めて、あんこを作りました!(←大げさっ!

今年は、くるみ餡、ずんだ、きなこ、胡麻、、、と
”お餅の友”がさまざま顔を揃えていたにもかかわらず、
主役級の”あんこ”がないことに気付いたのは昨夜のこと。
あんこ大好きな私としたことが...なんたる失態!
”これはイカン!”と例年なら急いで、コンビニまで
缶詰のあんこを買いにいくところですが、、、
ふと、母が送ってくれた小豆があったことを思い出し、
初挑戦! そして見事、成功~☆
上品な甘さに仕上がりましたどすえ~(自画自賛


ライバルはえびフライ
2007年01月02日 (火) | 編集 |
ぼくはくま

昨日、はじめて耳にして、すぐにココロつかまれた曲♪
歌詞、ひたすらユルいんだけど、ちょっと毒もある感じがよいナ☆
新年、初購入がこの曲ってどうよ!(←ひとりツッコミ)(笑)
でも、ヤラレタって感じ!こういう世界観、好き☆

ライバルはえびフライだし...
前世はきっとチョコレートだし...

MORNING GLORY
2007年01月02日 (火) | 編集 |
お雑煮とくるみ餅とずんだ餅で、遅めの朝食。
いつもより少しだけ高価な茶葉で日本茶を淹れ、
ほっこり、まったり...
「コーヒーも欲しいナ」、のパートナーの声に、
”コピ・ルアック”とおまじないして(笑)、コーヒーを淹れる。
そんな1月2日のはじまり...
息子は今日から、サッカーの大会で駒沢体育館へ。
ベンチ入りは確実だけど、今回は出場はないかな~(残念!)
でも、全国のサッカー少年たちとの出逢いを通じて、
楽しみつつも、何かしらの”初めての想い”とか
”目覚めの感覚(開眼)”みたいなものをつかんで欲しい。

で、今、聴いてるのは、山下達郎MUSIC♪
年末に『 GOOD LUCK 』 が再放送されてたけど、
そのドラマの挿入歌が「RIDE ON TIME」。
それから「 RIDE ON TIME 」聴きまくり~♪
そして、今朝も山下達郎さんモード~
ところで、『 GOOD LUCK 』良かった☆!
珍しく、彼もハマっちゃって...(笑)
堤真一がイイ!気に入った!とのことで、
昨日は、ふたりで『 恋ノチカラ 』を借りてきて、
珍しくずっと一緒に観てた。
深津絵里ちゃんも気に入ったらしく、演技を絶賛。
「キミとキャラかぶってる!」 と、からかわれたけど、
ワタシはあんなに 大酒飲まないゾっと!(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。