FC2ブログ
☆彷徨。。。音楽♪に身をまかせ 風に吹かれて☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の贈り物の一週間
2007年07月19日 (木) | 編集 |
従妹からのメール。
「みんなでおばあちゃんの最後を看取り、
 おじいちゃんの元へと見送ったあの一週間は
 おばあちゃんからの最後の贈り物だったのかもしれないね」

危篤との一報から17日の葬儀までの一週間余り。
とても悲しく、とても忙しく、、、けれど、
それ以上にあたたかで、ひたすら優しい時間がそこには流れてた。
東京、埼玉、北海道、福島、新潟、、、遠方から、叔父や叔母、
従妹達も駆けつけた。14、15、16日は連休ということもあり、
久し振りに会う従妹たちとは、子どもの頃以来に時を忘れて、
会わなかった時間を埋めるかのように、たくさんたくさん話をした。
大人になってからは、なかなかそんな時間は持てなかった。
近況報告やおばあちゃんとの思い出話はもちろんのこと、
恋愛のこと、好きな音楽のこと、これからのことも、、、、
おばあちゃんの眠るそば、蝋燭の灯やお線香を絶やさぬように、
毎日、交代で一晩中、語り合った。
おばあちゃんもきっと聞いて笑ってるねと...。
親しい友人と語り合うのとは、また別の親近感と気安さで、
あっという間に打ち解けて、子どもの頃とはまた別の絆で、
しっかりと結ばれたような気がした。
疎遠になってしまわぬように、おばあちゃんが用意してくれた時間。
夜が明けてきて、窓を開け、儚げで淡い朝の空を見上げた瞬間、
ああ、もうおばあちゃんはいないのだという事実に揺り戻され、
ふいに悲しくなったりしたけれど、きっと、お互いに同じ想いで
いるのだろうという連帯意識のようなものに慰められ、
それでも、しっかりと”これから”を生きていかなければと、
勇気付けられたり...。

おばあちゃんとおじいちゃんの出会い、
父や母との出会いによって、命を授かり、
偶然出逢った いとこ同士。
みんな、それぞれの場所で、頑張ろうね。
また話そうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
風になって
まずはお祖母様のご冥福をお祈り申し上げます。

この1週間は本当にお祖母様の贈り物だったと思います。私も祖母が亡くなる前に、実は父親とケンカして実家に全く連絡しなかった時期があったんですが、祖母がもう余命が少ないという事を母から聞いて、祖母に会いに行って父親と仲直りした覚えがあります。後からあれは祖母が僕に会いたいと言ってくれたと聞いて、本当に有り難いと思いました。

きっとblue☆様がお祖母様の傍にいた時間はお祖母様がみんなの事を思ってくれた時間だと思います。ちょうど先日、東京で見たお芝居が家族が全員死んでたった一人になった主人公の事を思いやるというとても感動的なお話でした。僕も亡くなった身近な人たちの事を思いだし号泣してしまいました。
でも、生きている人たちが次の一歩を歩き出す勇気を与えてくれるように、きっとお祖母様も皆さんの事を傍で大切な言葉でない何かを与えてくれていたと思います。

もうすぐお盆ですよね。きっと今度はお祖父様と二人で仲良く皆さんに会いに来られるんでしょうね。その時はきっと温かい風を感じる事だと思います。(ちょっとキザ過ぎました・・・)
2007/07/19(Thu) 23:35 | URL  | takeo #-[ 編集]
~想い合う時間~
言葉でない何か...
本当にそんな気がします。
ご自身のご家族のお話や、
あたたかなお言葉...
takeoさん、
いつもありがとうございます☆
今はただ、祖母が天国で安らかな時を
過ごせるよう祈りを捧げたいと思います。
千の風...温かな風...
祖母の思い出と共に感じたいと思います。
2007/07/20(Fri) 10:05 | URL  | blue☆ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。