☆彷徨。。。音楽♪に身をまかせ 風に吹かれて☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふわりふわり
2007年07月22日 (日) | 編集 |
疲れもあるのでしょうね...
ふわりふわりと毎日を過ごしている感じ。
祖母との想い出やあれこれを考えては、ふわりふわり。
初めて人が死んでいく瞬間を目の当たりにしたこと、
納棺する瞬間のこと、火葬されてお骨になってしまったこと、
火葬場で見た空に溶けていく白い煙のこと、、、
思い出しては、ポカンとなってしまう。
母方の祖母が亡くなったときは、まだ幼かったし、
祖父の時は、一緒に暮らしていなかったせいか、
涙はたくさん出たけれど、今回のような感じとはちょっと違った。
今回は、時間と共に平気になれそうで、平気でない。
ひとりになると、特にそう。
外ではちゃんと仕事もしてるし、いろいろ笑顔でこなしてるけどね。
肉親や親しい人といずれお別れする日がいつか必ず来るなんて、
怖いと言うか、悲しすぎるというか、耐えられない...
小学生の頃、初めて"死”ということを考えたとき、
父や母が死んでしまったら、生きていられないと想像しては
悲しんで、泣いていたことを思い出す。
もう、ちゃんと大人なはずなのに、まるでイヤだ、イヤだと、
駄々をこねる子どものように途方に暮れてしまう(苦笑...)
こんなこと、書くのは恥ずかしいけれど、ほんとにそんな感じ。
感受性の強い方だと思う私が、よくも今回の一連のことを
傍で見ていられたものだと、今になって、驚いてしまう。
こうして、気持ちを書くことで、気持ちを整理しようとしてる。

今日、別れた夫のご両親から、実家にご香典が届いたと聞いた。
そのことに感謝してたら、涙が溢れてきたり...
元夫の両親も大好きなので、ふたりにも、
いつまでも元気でいて欲しいと思っていたら、涙がでた。
離婚して、悲しい思いをさせて ごめんなさいと涙がでた。

でも、いずれくる別れを恐れず、
大切な人との優しい想い出を重ねよう...そう思わなければ、ね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。