☆彷徨。。。音楽♪に身をまかせ 風に吹かれて☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロスとタナトス
2007年09月24日 (月) | 編集 |
昨日、行き付けの喫茶店で雑誌をめくっていた時に、
なるほど~と思ったので覚えがきとしてここにメモ( ..)φメモメモ
作家・島田雅彦さんの言葉です。

「...人は生への本能がある一方で死に向かう本能も抱えている。
 それを迂回させたり、より遅らせたりできるのがエロスへの欲望です。
 生きていてよかったとか、もうちょっと生きてみようかなと思わせる 
 営み全般を私はエロスと呼んでいます。
 その最たるものが、恋愛や友情など人とつながっているという思いです。
 それが失われて孤立したときに人は死の衝動に駆られるのです。......」

タナトスはフロイト的に言えば、自己破壊、死の本能を表すらしい。
相対するものがエロスであり、よく言う性愛や男女間の愛だけの
ことを指すわけではないことは何となく聞いていたけれど、
こうして、島田さんの言葉で読んでみると、しっくりくるなぁ~

"もうちょっと生きてみようかなと思わせる営み全般”
それはもちろん人や生物に対する愛でもあるだろうし、
音楽や映画、本など表現物、芸術、学問、スポーツに対しての
恋や愛、つながりたい、解り合いたいという想いでもあるだろうな~
などと、想いを巡らしていた。
それを発動させるものは、好奇心であったり、勇気であったり、
なにより大きな原動力は、単純に”好き”という感情であるわけだし、
大切な人が喜ぶ顔であったり...ね。

最近、自殺が一層、社会問題となっている。
最近報道されたイジメによる自殺。
あれも相当、心が痛かった。
下半身の露出画像をネット上にアップされた高校生の話。
そして、もうひとつ、ここのとこ、ずっと頭から離れないのが、
光市、母子殺害事件のこと。
あの弁護士会見で泣いた弁護士の件で、憤る思いがあり、
いろいろとネット上で、その弁護士のブログや、関連するブログや、
本村さんの会見のノーカット映像を見たりして考え込んでいた。

ヒトって?
人って?

いろんな想いを感じすぎると、頭も心も整理が付かなくなるけれど、
感じること、考えることだけはやめちゃいけないね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もう一度あの人の顔をみたい・・・
こう思うだけでもだいぶ違いますね。
そう言う顔が浮かばなくなった時には確かに”タナトス”が台頭していきます。
外から見れば脳天気に見えるらしい自分ですが、実はかなり精神が内向きに向かいすぎる時があります。
そんな時に誰の顔も浮かばなくなった時には本当にやばい時があります。
ブログを書き始めた時にカミングアウトしたんですが、パニック障害という精神的な病気も持っています(今はほとんど治りましたが・・・)
でも今は取りあえずフィアンセの顔が浮かびます。本当にそれだけで救われます。
blue☆さんもきっと今の大事な人の顔が浮かびますよね。
”エロス”って大事な人生の要素だと思います。
何か、この記事に触発されてらしくない事書いちゃったかなあ(笑)
2007/09/24(Mon) 23:15 | URL  | takeo #-[ 編集]
出逢いの中で...
そんなことがあったんですね...
takeoさんのカミングアウトの記事、読んでなかったので、
正直、ちょっと驚きました。
私も、不安定さを抱えています。
(それは子供の頃のトラウマかもしれないし、もともとの
性分なのかもしれないけど)
精神が内向きに向かいすぎる......そういうのかもしれません。
ちょっと似てるトコあるのかなぁ~と思ってしまいました。
普段、脳天気に見えるトコも含めて...(苦笑)

何年か前に、いろいろあった時期には半年くらい、
まともに外に出られないこともありました。
もちろん、今でも、ふとした瞬間に何かを踏み外してしまいそうで、
自分でコワクなることもあります...
大抵の場合、そう見えないよう振舞っているつもりですが、、、(笑)
それに、最近はだいぶタフになれた気もしてますが...
それは、ここ何年かの新たな場所での大切な人たちとの出会い、
音楽や映画、本、ドラマとの出会いにも助けられたのだと思います。
そう、このブログを通しての出会いもそういうひとつだと思ってます。
”エロス”大事ですね。

なんかまとまりのない、レスになっちゃいました。
ただ、takeoさんの真っ直ぐなコメント、嬉しかったです。
2007/09/25(Tue) 23:07 | URL  | blue☆ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。