☆彷徨。。。音楽♪に身をまかせ 風に吹かれて☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の雲と祖母との思い出
2007年10月11日 (木) | 編集 |
昨夜、ダウランドの曲を聴きたい!...とか思っていたら、
なんと!
今夜のNHK・FMラジオで19:30からヤコブ・イルネヤルドさんの
リュート演奏会の模様が放送されるとのこと。
さっき新聞を見て、この巡り合わせにびっくり!そして感激~!
こういう偶然ってことのほか嬉しいね。
またまた、神さまの贈り物~!と単純に喜ぶ私...

さっきまで空を眺めてた。
雲の流れに感動! 見渡す秋の空はいいね、とっても。
高い空に流れる薄雲、うろこ雲......
昔、蚕の繭玉を、亡き祖母と一緒にほぐしたことを思い出した。
ゆっくりと丁寧に伸ばしていくと、小さな繭玉から出る絹糸は
どんどん薄く広がっていく。
こんなに伸びるものかと驚くほどにふわりさらりと広がっていく。
さっきまで見ていた雲はまさにそんな感じ。
高く青い空に薄く広がる白い雲。
ゆっくり暮れていこうとする夕方の太陽の光が雲の白に、
穏やかに橙色のグラディエーションを注ぐ。
白い翼を大きく広げたようにも見えてくる。
あ~、写真に撮れば良かったな。

ちなみに、蚕、小学生の頃、夏休みの自由研究で飼ったんです。
繭玉からほぐした絹糸は丁寧に真綿の上にかぶせ、
祖母はそれで私に通称”綿入れ”を作ってくれました。
”綿入れ”ってよく言ってたけど、全国的に通じるかな?
半纏?どんぶく?
先日、祖母が作ってくれた”綿入れ”を母が送ってくれました。
いまや形見となってしまった”綿入れ”
着てみると、ヌクヌクの温かみに瞬時に包まれる。
あったかいけど、少し切ないね...
切ないけど、優しいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。